作品名:シロフォン付き 玉落としリフト No.2  制作:はらっく工房
   2008年5月18日
 デザイン:はらっく工房
 出典:オリジナル
      W340×H380×D75 mm  600g(ビー玉を除く)
      材種:ウダイカバ、ホウ、桧
  受け皿にビー玉を入れると、リフトがビー玉を一つずつ下まで運んでくれます。
  リフトから飛び出したビー玉は、シロフォンを鳴らします。
  直径約17mmのビー玉を、10個付けています。
 ●ご注意 ビー玉遊びのおもちゃは、何でも口に入れてしまう年齢の場合は、注意が必要です。
                                        (販売対象 おもちゃ等販売 へ
 ※ 画像をクリック→ファイルを開くで、動画が見られます。       ※ 画像をクリックすると、画像が大きくなります。 (2017.1.21 画像更新)
  昨年11月に、10数種類のおもちゃを展示して、子ども達に遊んでもらう機会がありま
  した。
  その中でも、初代の「シロフォン付き玉落としリフト」は、子ども達に大人気でした。
  立ち止まって夢中になり、繰り返し繰り返しビー玉を入れて遊んで、動こうともしません。
  動きがあり、音があり、不思議さもあり、楽しいのでしょうね。
  この作品は、3〜5歳位から遊んでもらえるでしょうか。

  とは言っても、初代のボックス型の構造では製作が難しすぎます。
  そこで、だれでも作れるように、ボックスの部分を、受け皿型にアレンジしました。
  シロフォン付き玉落としリフトNo.2の出来上がりです。

  リフトと錘は、約3g差で作られています。 このため、ビー玉は、6gが理想的です。
  ビー玉の直径は、約17mmです。重さも、品質が均一でなく、5.7〜6.4gと幅があります。
  6.0g以上のものを選んで10個付けています。

  シロフォンといっても、調律などお構いなしに、2mm厚のステンレスを長さを少しずつ変えて
  置いているだけです。

  子供たちは、受け皿にビー玉を何個も同時に入れたり、リフトや錘を持って、強制的に上下
  させて遊んだりします
  手荒い遊び方をすると、リフトと錘を結んでいる紐が、滑車から抜けることがあります。
  小さい子供さんの場合、その紐を元に戻せないことがあります。時々、見てあげてください。
2008年作品 へ オリジナル作品 へ おもちゃ作品 へ