作品名:お散歩 亀  制作:はらっく工房
   2009年9月25日
 デザイン:はらっく工房
 出典:オリジナル
       W120×H80×D260 mm
       材種:桧
  オルゴールを奏でながら、のそりのそりと歩きます。

※ ▼をクリックすると、動画が見られます。 
         
         
     ※ 画像をクリックすると、画像が大きくなります。  
  亀らしき胴体にオルゴールを仕掛け、動く亀を作りました。
  木工を始めて、初めてのオリジナル作品が「うごく亀・リッチー」(2003.7.8)でした。
  この時も、亀のつもりで作ったのですが、みなさん「かたつむり?」と聞かれます。
  今回の作品は、正真正銘の亀にみえると思うのですが。
  いかがでしょうか?

  オルゴールの回転を車輪に伝える機構を何度か試作しました。
  歯車の歯数を変えると、スピードを調整出来るのですが、亀はやはり、のそりのそりだろうと、
  この歯数になりました。
  歯数を変えて、走る亀と、ゆっくりゆっくりのうさぎを作って、競争させるのもいいですね。
  さて、どちらが早いでしょうか?

  また、胴体も何度か試作しました。
  箱形から甲羅の形に削って行くわけですが、肉厚がないと角部分に穴が空いてしまいます。
  穴が空かないように、当て木をするのですが、内部機構に支障にならないようにしないと
  いけません。
  僅か1mm単位の空間を取り合いの状況でした。

  胴体は、木彫りの作品になりました。
  木彫りをしている知り合いから、亀を借りてきて見本にしました。
  見本が無いときは、何とも知れない形でしたが、見本のおかげで少しはましになりました。

  カシューで色付けをしました。
  色付けは難しいですね。
  可愛い亀にしようと塗り始めましたが、なんとも知れない色になりました。
  黄金色みたいで気に入りました。10数回も重ね塗りをしたおかげで、ピカピカに光っています。

  からくり人形を目指す私にとっては、頭、手足を動かしたかったのですが次の宿題となりました。 
2009年作品 へ オリジナル作品 へ おもちゃ作品へ